育児コラム

産後の憂鬱|女の子でなぜ悪い

投稿日:

一人目を妊娠しているとき、ずっとつわりに苦しみました。妊娠後期になってからは、つわりといわないのかもしれませんけど、ずっと気持ちが悪い状態が続いていて、気分は憂鬱でしたし、実際に嘔吐して苦しかったことを思い出します。
出産は世の中の人に言わせれば、安産だった、といいます。分娩所要時間から考えて、ということでしょうけど、時間で考えてほしくない、そう思っています。陣痛継続時間が短い、とかという理由で、陣痛促進剤を使われ、しかも、分娩監視装置までつけられて、苦しくて苦しくて仕方ありませんでした。子宮口が開くまでは、力んではいけない、なんていう、ことをいわれ、それをまともやっていたから、余計にしんどくて。腰が砕けて壊れてしまうのではないか、という恐怖ともいえない気持ちにもなりました。ここまできたら、もう逃れられない、という気持ちも恐怖を助長していたと思います。
それでもなんとか出産をして、ようやくあの苦しみから解放された、と思ったとき、なぜ、次の子どものことを言われないといけないのでしょうか。女の子だったから?そんな、今時分、跡取り息子がいないといけない、なんていう、時代錯誤の考え方、なんとかしてほしい、そう、出産後間もないなかで思いました。そんなことを思いながら、育児が始まったわけです。
育児をしながら、日々悶々と言われた言葉の意味を考える毎日でした。次の子のことなんて、今、目の前にいる、愛すべき存在である娘のことを考えると、到底、受け入れることができない発言でした。仮に、そのようなことを言われなければ、きっと、次の子について考えたことでしょう。こんなに子どもはかわいいものなんだ、と思ったからです。
心の中で、そう思いながら、表向きは、そうですね、次は男の子が生まれるとよいですね、と言っている私でした。

-育児コラム

Copyright© ゆかりママの子育てライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.