子どもとお金

保育料無償化は実現するのか

投稿日:

就学前の子どもを育てている人にとって、保育料無償化は非常に気になるニュースですよね。
31年度から実施されるという話が出ていますが、実際どうなのでしょうか。このニュースに関して思うことをまとめてみました。

・働き方が変わるかも
もし、保育料無償化が実現した場合でも、対象となるのは3歳クラス以上。しかも、31年度は4月から5歳クラス、10月以降3・4歳クラスという話です。
つまり、0~2歳クラスは今まで通りというわけですが、3歳クラスに入れば、卒園まで保育料の負担がなくなるということですよね。
そうなると、在籍中のトータル保育料はかなり減るわけで、保育料を考慮して働いていた人たちは、働き方を変えるかもしれません。
働けば働くほど保育料が高くなるということがなくなるので、より働く。もしくは、保育料の負担が減るぶん働き方もセーブする。どちらの考え方もありそうです。
結局、各家庭次第といったところなのかもしれませんね。

・きょうだいの負担はどうなるのか
ちなみに二人目半額、三人目無償などの恩恵はどう変化するのでしょうか。3歳クラス以上が無償になっても、二人目以降の減額がなければ結局負担は変わらない人もいるので、そのまま続けてもらえるとありがたいですよね。

・無償化にした場合財源は…
一番心配なのが、保育料の負担が減るのはありがたいけど、実現した場合財源はどうするのかということです。保育士さんの給料もまだまだ低いと言われている現状で、果たして財源を確保しながらやっていけるのか、正直心配なところです。政府の無駄遣いもなかなか是正されないし、大丈夫なのかな…と思いつつ、実現したら該当する子どもがいるので、期待も膨らむ一方です。

-子どもとお金

Copyright© ゆかりママの子育てライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.